会社概要

◆ご挨拶―

「にょっぽりと 秋の空なる 富士の山」 (上島鬼貫)
 この句は、江戸時代元禄期「東の芭蕉、西の鬼貫」と並び称された伊丹郷町出身の上島鬼貫の代表句です。伊丹は兵庫県南東部に位置し、摂津の国の中心であることから「摂津のヘソ」と呼ばれています。江戸時代には清酒発祥の地として酒造業が栄え、旦那衆の風流遊びから俳諧文化が花開き、全国から文人墨客が訪れた伊丹は、今なお歴史と文化が脈々と息づいています。近年では、新しい街並みの形成が行政と民間により進められてきました。

 当社は宮ノ前地区市街地再開発事業(伊丹市施行)にともなって1995年11月に設立され、再開発でできた2つのビル「伊丹みやのまち」3号館、4号館の一部店舗区画の不動産賃貸事業や駐車場管理事業を行い、その後、定款を変更し、中心市街地全体の活性化に寄与する事業にも取り組んでおります。

一方、2006年2月、伊丹市、伊丹商工会議所、伊丹都市開発株式会社、NPO法人いたみタウンセンターが中心となって、伊丹市中心市街地活性化協議会を設立致しました。


伊丹郷町を核に、JR伊丹駅と阪急伊丹駅、宮ノ前商店会(猪名野神社)とサンロード商店街の4極とそれらを結ぶ2軸(街路)を中心とした、東西南北4つの拠点に囲まれた面積約72.5haの区域を中心市街地と定め、2008年には中心市街地活性化基本計画が国の認定を受けました。認定後は、「伊丹まちなかバル」や「いたみわっしょい」、「イタミ朝マルシェ」など、賑わい創出のための様々な事業を協議会と市民が協働して推し進めてきました。なかでも2009年に本州初開催以来、年2回春秋に実施している「伊丹まちなかバル」は、バルイベントとして日本最大級の実績と知名度を誇っています。
 その後、2016年3月に第2期の伊丹市中心市街地活性化基本計画の認定(2021年3月まで)を受け、それに伴い、ソフト事業を推進してきたNPO法人いたみタウンセンターと事業統合し、新たなスタートをきりました。  今後とも、中心市街地の市民、商業者、事業主と手を携えて、魅力ある持続可能な伊丹市の活性化に寄与する事業に取り組んでいく所存でございます。  皆様のご支援・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

2016年7月 代表取締役 中井公明

◆会社の概要(平成28年9月1日現在)

1.名 称 伊丹都市開発株式会社
2.  所 在 地 伊丹市宮ノ前2丁目2番3号 地図はこちらをご参照下さい(google MAP)
3.  連絡先  電話番号:(072)773-8885 FAX:(072)773-8884
4.設立年月日 平成7年11月1日
5.資 本 金 465,000,000 円
6.主要な事業内容 (1) 不動産賃貸事業
   伊丹みやのまち3・4 号館 所有商業床計8区画 他
(2) 駐車場管理事業
   北村駐車場(伊丹市北伊丹8丁目地先 国道高架下)他2ヵ所
(3) 中心市街地の活性化に資する諸事業
7.株式の状況 (1) 会社の発行する株式総数 24,800株
(2) 発行済株式の総数 9,300株
(3) 主要株主
     伊丹市 7,179株 (77.19%)
8.借入先 伊丹市 28,240千円(国土交通省の制度貸付 無利子)
9.沿革
平成 7年11月 会社設立 資本金 310,000千円
  伊丹みやのまち4号館一部商業区画を取得し、その賃貸事業を開始
同館管理業務を開始
平成11年10月 増資 資本金 465,000千円
平成11年11月 伊丹みやのまち3号館一部商業区画を取得し、その賃貸事業を開始
同館管理業務を開始
平成20年 4月 第2次伊丹市中心街地活性化基本計画で当社を「まちづくり会社」として位置付け
平成20年 6月 定款変更により株式不発行化
平成22年 4月 北村駐車場の管理を開始
平成25年 6月 定款変更により中心市街地活性化を主体とする事業目的に改正

平成26年 3月

 

平成28年 4月

伊丹みやのまち3・4号館管理業務を終了
同館外に本店を移転

NPO法人いたみタウンセンターを事業統合

10.決算の状況

第21期(平成28年3月・単位:千円)

売上高 58,893
営業利益 13,226
経常利益 14,725
税引前当期純利益 14,725
当期純利益 10,098
利益剰余金 181,620