伊丹まちなかバルとは

スペインでおなじみの「BAR」。英語なら「バー」、イタリア語なら「バール」ですが、スペイン語では「バル」といいます。日本の「バー」とはちょっと意味合いが違い、朝から深夜まで営業している店が多くあります。朝はモーニング、昼にはランチ、買い物帰りにちょっと一息、夜になれば顔見知りと会話を弾ませながら一杯・・・と気軽に利用しています。生活習慣に根ざしたスペインのバルは、その時々で様々な役割を果たしていて、人々にコミュニケーションの場も提供しています。 


 そんなバルには、飲み物だけではなく当然食べ物も揃っています。お酒と一緒に出されるのが「ピンチョス」。日本でいうところの付け合せです。もともとお酒についてくる無料の付け合せが人気となり、立派なメニューとして出されるようになりました。生ハムやチーズのほかに、フライなど豊富なメニューが手ごろな値段で味わえます。

日本でもバルが大ブーム!バルイベントの元祖「函館バル街」、柏(千葉)では「ユルベルト」が開催されています。


 そんな「バル」が伊丹のまちなかに出現したら・・・

いつものお店が「バル」に変身します!

本場バルと同じように、カフェ、洋食、和食、バーなど、様々なお店が参加します。前菜に始まり、魚、お肉、デザート・・・とフルコースで回るもよし、がっつりいくもよし。飲んでナンボ、酔ってナンボのまちなかイベントを、ぜひ楽しんで下さい。

テレビ東京のサイトでバルの概要がご覧いただけます。
>>こちらから